「26時のマスカレイド」大門果琳が卒業、芸能界引退発表

[ 2019年9月16日 22:09 ]

 アイドルグループ「26時のマスカレイド」は16日、公式サイトで大門果琳(20)のグループ卒業を発表した。10月6日に卒業公演を行う。

 「突然ではございますが、大門果琳が2019年10月12日(土)『ちゅるサマ!初回限定盤購入者限定イベント』をもちまして、26時のマスカレイドを卒業することとなりました。これまでずっと応援してきてくださったファンの皆様、そして関係者の皆様、本当にありがとうございます。そして、突然の発表となりまして心よりお詫び申し上げます」と報告。

 大門果琳からのメッセージは以下の通り。

応援してくださっているみなさんへ

私、大門果琳は10月12日で芸能界を引退する事に決めました。

オーディションでメンバーに選んでもらってから生活の中心がニジマスで、約3年間活動をしてきてメジャーデビューも決まってグループが成長していく中で、芸能界で活動している自分が見えなくなってしまっていました。

今年2月のワンマンライブでメジャーデビューが決まり、嬉しかった反面自分の将来のことも考える様になりました。そして、事務所やメンバーともたくさん話し合いを重ねて、何度も迷いながらもメジャーデビューというみんなで掲げていた1つの目標を達成してから芸能界での仕事はここまでにしようと決断して、卒業をさせて頂くことになりました。

自分の気持ちでメンバー ファンの方や関わってくださっている関係者のみなさん、その他たくさんたくさんの方に迷惑をかけてしまってごめんなさい。

今までこんな素敵がたくさんのグループでみんなと一緒に活動できて、たくさんのあたたかい方々に出会えて本当に嬉しかったし感謝の気持ちでいっぱいです。

私の26時のマスカレイドとしての最後のライブで、10月6日に卒業公演をやらせていただくことになったので、今まで出会ってくれた方々にその感謝の気持ちを伝えたいです。

最後まで自分なりに全力でやらせていただくので、残りの時間も今までと変わらずメンバーとみなさんと大切に過ごしていきたいです。よろしくお願いします。

読んでくださってありがとうございました。

2019年9月16日 大門果琳

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年9月16日のニュース