田中みな実、ダウンタウンの前でひょう変!? 四千頭身“冷遇”に恨み節

[ 2019年8月6日 11:16 ]

フリーの田中みな実アナウンサー
Photo By スポニチ

 人気急上昇中のお笑いトリオ「四千頭身」の後藤拓実(22)が2日深夜放送のTBS「有吉ジャポン」(金曜深夜0・20)に出演。フリーアナウンサーの田中みな実(32)に「全然ハマっていない」と嘆いた。

 当時、田中がMCを務めていたTOKYO MX「ひるキュン!」に出演した際のエピソードとして、後藤は「ネタを披露したんですけど、全然笑ってくれなくて」。相方の石橋遼大(22)も続き「トークでも全部すかして、良い方向に流してくれなかった」と冷たい対応を受けたことを告白。田中からは「あなたたちの中に、まともにトークが出来る人はいなんですか?何もできないんだから、黙っている方が売れると思う」と皮肉交じりのアドバイスが送られたという。

 MCの有吉弘行(45)は「最低だよ、マジで」と田中の振る舞いに苦言を呈すと、平成ノブシコブシの吉村崇(39)も「マジかよ」と、あ然。田中は「段取りがいっぱいあって…」と番組の進行を理由にしたが、有吉は「あなたは、段取りより好感度の方が気にする」とチクリとやった。

 「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)の人気企画「本音でハシゴ酒」で、田中と共演した時には「めちゃくちゃ笑ってくれてた」と後藤。この対応の違いに、有吉は「四千頭身に拍手をする私を見てくれてます?」とダウンタウンを意識した上での行動と指摘。「これは完全に売れるしかない。売れないと視野に入ってこない」と改善策を立てた。吉村が「早く売れろよ。売れないと報復があるからな」とまくし立てたが、田中は「一生忘れません」とキッパリ語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2019年8月6日のニュース