お侍ちゃん、原因不明の難病で激痛の日々 睡眠薬も効かず3週間で15キロ減

[ 2019年8月6日 22:45 ]

お笑い芸人のお侍ちゃん
Photo By スポニチ

 お笑い芸人のお侍ちゃん(38)が6日、日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に出演。原因不明の難病に侵され、長期入院した過去を明かした。

 「お侍ちゃん」はその名の通り、ちょんまげ頭に着物の個性的スタイルで活動。「江戸!江戸~!」のギャグで、テレビ番組などで活躍を見せている。

 2019年1月、「お侍ちゃん」はミュージカル「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」の出演が決まり、気合が入っていた。それもそのはず、同作には山本耕史・松岡茉優・八嶋智人などそうそうたる面々が名を連ねており、注目度は十分。芸歴19年、芸人人生最大のチャンスをつかもうとしていた。

 妻と子供を持つ、お侍ちゃん。自身の年齢的に考え、是が非でも成功させたい舞台だった。しかし、稽古が始まって1週間後、腹部に強烈な痛みを感じるようになった。近所の病院に行くと診察結果は“胃腸炎”。処方された薬で回復することを待った。

 しかし痛みは引くことなく、さらに増すばかり。稽古を休むわけにいかず、痛み止めの点滴を打って稽古場へ向かおうとしたがそれも断念。最終的に医師のアドバイスを受け入れ、入院することにした。

 ただ、検査を重ねても症状は一向に改善せず。痛み止めの効き目もどんどん短くなっていった。今度は設備の整った大学病院に転院し検査を続ける日々。もはや復帰のメドが見えないことから、お侍ちゃんは決死の覚悟で臨んでいたミュージカルの降板を決意した。

 入院開始から18日目。小腸内視鏡検査を行ったところ、ついに病名が「クローン病」で」あることが判明した。これは消化管に慢性的な炎症が起きる原因不明の病気。腹痛や下痢、血便などの症状が出るそうで、若年層の男性に発症することが多いとされ、現在の医学では完治させる治療法がないという。

 お侍ちゃんは当時を振り返り、症状を「腹を殴られているような痛みが24時間収まることがない」と表現。「痛みが強すぎて睡眠薬が効かない」状況が続いたという。発病前は70キロあった体重が、発病後3週間で55キロにまで激減。まさに地獄といえる日々だったようだ。

 病名が判明したことで、ようやく本格的な治療へと移行。炎症を抑えるために投与したステロイド剤の効果は大きく、2日もすると痛みは和らいだ。そして入院開始から40日後、ついに退院することができた。しかし、クローン病は現状では“完治しない”病気。今後もお侍ちゃんは病と闘い続けることになる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年8月6日のニュース