井ノ原から東山へ「マグカップを僕だと思って置いて」 テレ朝「水9」主演バトンタッチ

[ 2019年6月22日 05:00 ]

 26日に最終回を迎えるテレビ朝日「特捜9」に主演するV6の井ノ原快彦(43)と、7月スタートの同局「刑事7人」に主演する少年隊の東山紀之(52)がこのほど、特捜9の撮影現場でバトンタッチセレモニーを行った。

 東山は7色のマカロンタワー、井ノ原は作中で使用している私物のマグカップを互いに贈り合った。井ノ原が「刑事7人の資料室のどこかに、このマグカップを僕だと思って置いていただけないでしょうか」と提案すると、東山は「もちろん!」と快諾した。

 ともに水曜9時枠で放送され、特捜9は前身の「警視庁捜査一課9係」を含めると14シーズンを放送、刑事7人は7月から第5シーズンを迎える人気作。バトンを受け取った東山は「最近の尋常じゃない暑さに負けないように頑張ります」と意気込んだ。井ノ原は「憧れの先輩に、僕がバトンを渡せるという喜びは大きくて、本当に光栄なこと」と喜んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年6月22日のニュース