×

徹子の幼少期好演 12歳・豊嶋花は芸歴すでに11年 同世代断トツの経験値

[ 2019年6月4日 10:00 ]

子役とは思えないほどの集中力で実力派女優への道を進む豊嶋花
Photo By スポニチ

 【はばたけ!令和の子役たち 4】17年放送のテレビ朝日「トットちゃん!」で黒柳徹子(85)の幼少期を演じた豊嶋花(12)。背筋をピンと伸ばして「よろしくお願いします!」とあいさつし、にこっと笑う。中学1年生には見えない落ち着きと、年相応の可愛らしさが見て取れる。

 1歳でテレビデビューし、5歳の時に映画に出演。以降、子役として数多くの作品に出演してきた。「トットちゃん!」では、自由奔放な幼少期を好演。「演技のお仕事は自分じゃない誰かになれるのが好きです。いろんな人の子供の頃を演じて、普段やらないことや言わないことをするのが楽しい」。今年で芸歴11年。コメントも大人びている。

 演技への取り組み方も真摯(しんし)だ。台本をもらうとまず、自分のせりふにマーカーで線を引き、読めない漢字を教えてもらって読みがなを書く。一度、母親に自分のせりふを読んでもらうと、頭の中で世界が広がっていく。「音として聞くと、なんとなくイメージができて、自分だったらこう言おうと思いつくんです」。台本を読み込むのではなく、想像力で役作りを行っている。

 一方、プライベートでは中学1年生らしく、友達の家に遊びに行って学校や、好きなテレビの話題で盛り上がる。「4月から中学生になって新しい友達も増えました。今はその子たちと遊ぶのが一番楽しい」

 家の中では「勉強をやっても、本を読んでも、絵を描いても、5分10分くらいで飽きちゃうんです」。次から次へといろんなことに手を出して落ち着かないという。

 そんな中でも、飽きることなく夢中になっているのが演技だ。「学校で主人公をいじめる役とか、悪い人もやってみたい。お芝居でしか演じられない普通じゃない人をやってみたいので、アニメの実写化やコメディー作品にも出たい」。他の同世代にはない経験値があるからこそ、やりたいこともたくさん見つかる。夢は広がるばかりだ。

 ◆豊嶋 花(とよしま・はな)2007年(平19)3月27日生まれ、東京都出身の12歳。今年はテレビ朝日系「やすらぎの刻~道」、WOWOW「虫籠の錠前」などに出演。趣味は洋裁とゲーム、特技はダンス。1メートル49、血液型O。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2019年6月4日のニュース