松本薫さんの現役引退とアイスクリーム屋さん転身 さんまら出演者が秘密を守っていた

[ 2019年2月11日 20:28 ]

笑顔で引退のあいさつをする松本さん
Photo By スポニチ

 「野獣」の異名を取った2012年ロンドン五輪柔道女子57キロ級金メダルの松本薫さん(31)の現役引退ニュースを、タレント明石家さんま(63)ら日本テレビ系「今だから話します!平成最後にアスリート初告白SP」(後7時)の出演者たちが事前に知っていたものの、公式発表まで外部に漏らさなかったことが分かった。

 11日に放送された「今だから話します…」は1月27日の収録。番組では松本さんの意外な第二の人生と「アイスクリーム愛」が語られたが、引退については2月7日の記者会見でマスコミを通じて公表される予定だった。

 冒頭で水ト麻美アナウンサーが放送日(11日)が引退会見後になることから「この放送の前に現役引退を発表をされたというタイミングなんです。(観覧者の)皆さんにも黙っていてくださいとお伝えしています」と情報漏えいしないよう周知徹底していることを説明したが、「オレは黙っていられないな。お客さんが黙っていても…」とさんま。MCの上田晋也が「さんまさんは歩くSNSって言われている」とチャチャを入れると、さんまも「SNSのSはさんまのS」と応じてスタジオの笑いを誘っていた。

 松本さんは事前の情報漏えいがなかった状態で引退会見に臨み、「第二の人生ではアイスクリームを作ります」と電撃発表、意外な転身ぶりで世間を驚かせた。

 番組では、柔道着から調理用の白衣に着替えた着た松本さんが、アイスクリームの製造現場で働く姿に密着取材した。場所は、東京・新宿区の大学キャンパス内(東京富士大)。所属のベネシードが運営するアイスクリーム店に、スタッフとして携わるそうで、12日にオープンする。「現役のころからアイスクリームの食べ歩きが大好き。アスリート目線で低カロリーのアイスをつくっていきたい」と抱負を語っていた。

 スタジオでは出演者らが松本さんのつくる商品を試食。「甘さおさえめで、あっさりしてておいしい」(さんま)、「軽くて口どけがいい」(元スピードスケート岡崎朋美さん)と好評だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月11日のニュース