“ゴリ監督”作品「洗骨」 先行上映の沖縄で3週連続No・1「勢いが全国に広がってくれれば」

[ 2019年2月11日 05:30 ]

映画「洗骨」の公開記念舞台あいさつを行った(左から)水崎綾女、奥田瑛二、照屋年之監督
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ガレッジセール」のゴリ(46)が、本名の照屋年之名義で監督した「洗骨」の公開記念舞台あいさつが10日、都内で行われた。

 先月18日に故郷の沖縄で先行公開され、沖縄では3週連続のNo・1ヒット。9日から全国に拡大され、ゴリは「沖縄の勢いが全国に広がってくれれば」と期待した。主役を演じた奥田瑛二(68)もご機嫌。木村拓哉(46)主演の「マスカレード・ホテル」を意識して、「ということは、僕がキムタクに勝ったってことだよね。うれしくてしゃべり始めると、永遠に続きそう」とジョークを交え、笑顔で語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月11日のニュース