カンニング竹山 相次ぐ不適切動画に持論「そこが若者はわかっていない」

[ 2019年2月11日 10:04 ]

カンニング竹山
Photo By スポニチ

 お笑いタレントのカンニング竹山(47)が11日放送のTBS「ビビット」(月〜金曜前8・00)に生出演。次々と発覚する飲食店やコンビニで働く若者による不適切動画について言及した。

 番組では、相次ぐ若者による不適切動画や企業の対応などを放送。竹山は飲食店やコンビニでのいたずらについて「実は世代論ではなくて、俺らの時代とか先輩たちの時代も、バイト先でやるやつはやっていた」と指摘。その上で「SNSというものができて、若者が社会と直接つながるようになっちゃった。そこだけでやっていれば責任とらなくてよかった。社会とつながると責任があるし賠償の問題が出てくる」とSNSの登場によって時代が変化したことを強調した。

 さらに「若者っていうのはバズるって友達の友達ぐらいしか範囲が考えられていない。実はバズるというのは、本当に不特定多数の人が見てくるから、想像以上の人が見て、メディアも見て流して、とんでもないことになる。そこが若者はわかっていない」とし、今後の対策として「ネットリテラシーの問題を教育していったらいいと思う」と主張。さらに「こういうことが起こった企業はちゃんと(損害)賠償をやって、とてつもない金額の賠償問題になりますよ、というのをやっていけば、徐々に減っていくと思う」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月11日のニュース