桑田ボウリング大会 どストライクの大成功 史上最大規模プロアマ3万人参加し501会場で開催

[ 2019年2月11日 04:00 ]

「KUWATA CUP 2019」の決勝大会で始球式を行ったサザンオールスターズの桑田佳祐(右)と原由子
Photo By 提供写真

 サザンオールスターズの桑田佳祐(62)が旗振り役となったボウリング大会「KUWATA CUP 2019」の決勝大会が10日、東京・渋谷で開催された。桑田のボウリング愛がきっかけで開かれた大会は、予選に3万人が参加するなど大成功。来年以降の開催も視野に入った。

 ♪ボウリング場でカッコつけて――。サザンの名曲「LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜」が流れる中、開会式に登場した桑田。夫人の原由子(62)もゲストで来場し、夫婦そろって始球式を行った。

 見せ場は中盤のエキシビションマッチ。芸能界最強ボウラーの俳優村田雄浩(58)とタッグチーム「渡る世間はGスポッターズ」を組み、姫路麗(40)、名和秋(39)の美人女子プロと対決。男子は「キス」、女子プロは「来年も開催」と、相手側の罰ゲームを指定して熱戦を繰り広げた。

 序盤に出遅れた男子チーム。だが終盤、桑田のターキー(3連続ストライク)などで猛追。結果は桑田が178、村田が200で計378点。計407点の女子プロに敗れはしたが大健闘。桑田は来年の開催について前向きに話し、女子プロ2人からキスを受けた。

 大会は史上最大規模の3万人が参加。全国501会場で昨年11月から今年1月に予選を開き、プロ、一般アマなど4部門で競われた。桑田は表彰式で「新しい世代のボウラーも多くいる。野球の大谷翔平さん、テニスの大坂なおみさん、将棋の藤井聡太さんのように、実力も人間性も優れた選手達が少しでも多く世の中に認知されることを祈り、私もボウリングを楽しませていただきたい」などと笑顔で語った。最後はテーマソング「レッツゴーボウリング」を歌唱した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月11日のニュース