連勝の渡辺棋王「本番これから」、6&7日王将戦第3局

[ 2019年2月6日 05:30 ]

王将戦第3局・前夜祭で花束が贈られる久保王将(中央左)と渡辺棋王。中央は大田原市のイメージキャラクターの与一くん(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 久保利明王将(43)に渡辺明棋王(34)が挑戦する将棋の第68期「王将戦7番勝負」(主催・スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社、日本将棋連盟)の第3局は6日から2日間、栃木県大田原市の「ホテル花月」で指される。5日には同ホテルで前夜祭が行われ、関係者や多くのファンが出席した。

 渡辺連勝で迎えた今局。“王将”の意地を見せたい久保は「相手に押し切られているので、勝利に向かっていい将棋を指したい」と、巻き返しを誓った。一方の渡辺は「星は先行しているが、本番はこれから」と気を引き締めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年2月6日のニュース