ASKA 全国ツアー開始 「LOVE SONG」など全22曲熱唱 親友の玉置浩二も舞台に

[ 2019年2月6日 21:30 ]

バンド編成のツアーをスタートさせたASKA
Photo By スポニチ

 歌手のASKA(60)が6日、全国ツアーを東京・オリンパスホール八王子でスタートさせた。

 ステージ中盤、プライベートで見に来ていた親友の玉置浩二(60)をステージに上げ、即席の“トークショー”を展開。かつて2人で作ったという未発表のコラボ曲「おとぎんが(表記は不明)」の一部を一緒に口ずさむと、観客2000人は大盛り上がり。玉置はASKAのソロ公演を生で見るのは初めてといい、ASKAは「玉置が来ているから、しっかりかっこよく歌いたい」と気を引き締めた。

 14年5月には玉置の公演に飛び入り参加して話題になった。以前から玉置を「日本一、歌がうまい歌手」と評している。

 ASKAのソロツアーは覚醒剤事件後、昨年11〜12月に開催したのに続き2回目。全14公演のチケットの売り上げは好調で、4月23日の日本武道館公演など3公演が追加された。6月には台湾、香港でのコンサートが決まっている。

 この日は「未来の勲章」や「ONE」のほか、CHAGE and ASKAの「LOVE SONG」など全22曲を披露。生まれは福岡にもかかわらず「八王子生まれの僕にとって最高の一日」とジョークも飛び出し、地元ファンを喜ばせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年2月6日のニュース