久本雅美 元宝塚トップスターと結婚の藤山扇治郎いじり倒す「“相手にされへんやろう”と思てたけど」

[ 2018年12月13日 15:40 ]

来年1月の南座公演「松竹新喜劇 新春お年玉公演」をPRする(左から)藤山扇治郎、渋谷天外、久本雅美                                
Photo By スポニチ

 松竹新喜劇の藤山扇治郎(31)が13日、大阪市内で劇団代表の渋谷天外(64)、久本雅美(60)と来年1月の南座公演「松竹新喜劇 新春お年玉公演」(1〜8日)の取材会を行った。

 扇治郎は11月に元宝塚歌劇団星組トップスター・北翔海莉(年齢非公表)と結婚したばかり。冒頭のあいさつで、久本から「扇ちゃんの幸せを浴びながら来年こそ“私の主人がこう申してました”と言えるように頑張ります」とイジられると、天外からは「1日から8日の千秋楽まで奥さん、ずっと来られるそうです。ええわな」とバラされ扇治郎も照れ笑い。扇治郎は「家族が増えるとお芝居に反映していきます」とマジメに返すのが精いっぱいだった。

 扇治郎と北翔は5月の舞台「蘭」で初共演して知り合い、交際5カ月でゴールイン。同舞台で共演していた久本は「扇ちゃんが北翔さんになついてるのは分かってたけど、正直、身長差もあるし“相手にされへんやろう”と思てたけど、うまいことかみつきよったんですよ。沼に入ったらいつの間にか血吸われてた、みたいな…」と例えて笑わせた。

 同公演では「裏町の友情」「お祭り提灯」と松竹新喜劇の名作2本立て。扇治郎は「新年は自分自身も健康に気をつけて。『健』を心がけて頑張りたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月13日のニュース