大阪松竹座で初の漫才、コント公演 TKOの木本武宏「夢が叶いました」

[ 2018年12月13日 21:21 ]

大阪松竹座での「松竹お笑い披露公演」で口上を述べる(左から)TKO・木本武宏、木下隆行、森脇健児、酒井とおる、酒井くにお
Photo By スポニチ

 松竹芸能は13日、大阪・道頓堀の「大阪松竹座」で「松竹お笑い披露公演」を開催。同劇場での漫才、コントの公演は初めて。冒頭、酒井くにお(70)、酒井とおる(67)、森脇健児(51)、TKOの木本武宏(47)、木下隆行(46)の5人が口上で登壇。木本は「松竹座の舞台に、まさか立てる日が来るとは思ってなかった。夢が叶いました」と感慨深げだった。その後、オジンオズボーン、なすなかにし、ミヤ蝶美・蝶子らが漫才、コントを披露した。

 同じ「松竹」の名前を持ちながら松竹芸能の芸人が1000人収容の大劇場の舞台で漫才、コントなど演じたことは過去になかった。これまでの常設劇場だった「道頓堀角座」は今年7月末に閉館。来年1月1日に大阪・東心斎橋へ常設劇場「心斎橋角座」がオープンする。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月13日のニュース