「興味ない」上沼の貫禄にネット感嘆「さすがとしか…」“相棒”高田純次のボケにも「いい味」

[ 2018年12月9日 12:41 ]

タレントの上沼恵美子
Photo By スポニチ

 タレントの上沼恵美子(63)が9日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(関西ローカル、日曜前11・40)に出演し、審査員を務めた漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2018」の終了後に芸人が自身に暴言を吐いた騒動について言及。「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)について「悪いけど、興味ないです」とバッサリ切って笑いに変えた上沼に、インターネット上では感心の声があふれた。

 騒動後、初のテレビ出演。発言に注目が集まる中、上沼は番組冒頭から騒動に触れ「まわりが騒いでいるほどじゃないですよ」と指摘されているほど怒ってないとした上で「私は何とも思っておりません。暴言も全然結構です。悪いけど、興味ないです」と笑顔で語って、共演者を笑わせた。

 上沼の貫禄あふれるコメントに、ネットは「さすがとしか」「かっこいい」などと反応。さらに「えみちゃん節に、さらにキレ味が」「スタジオでも拍手が起こっていたけど、画面見ながらこちらも心から拍手した」「笑いにしたのはさすがです」と感心の声が上がる中、「来年から僕が(M−1に)出るようにしましょうかね」と、とぼけた、MCを務めるタレント・高田純次(71)に対して「いい味出してる」「いいコンビ」などの声もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年12月9日のニュース