デーブ氏 元貴ノ岩暴力行為の原因を推測「相撲だけが古いまま、考えないと」

[ 2018年12月9日 11:49 ]

放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏
Photo By スポニチ

 放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が9日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)の生放送に出演。大相撲で、付け人に暴力を振るった責任を取って引退した元幕内・貴ノ岩(28)について言及した。

 デーブ氏は、暴力行為が発覚したときは、罰金などのペナルティーを設けるべきだとし「『すぐやめます』とか、貴乃花含めて今の相撲が好きじゃないと思う」とコメントした。また、「付け人とかがイジメられているのを見てきているから同じことを繰り返す」と暴力の原因を推測し「芸能界の世界でも多かったが、今はもうやめている。相撲だけが古いまま。やり方そのものを考えないといけない」と持論を語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月9日のニュース