モナコ国際映画祭で注目「TOKYO24」 葉加瀬マイは抜群スタイルでも魅了

[ 2018年12月9日 15:10 ]

モナコ国際映画祭でレッドカーペットを歩いた(左から)寺西優真、寺西一浩監督、葉加瀬マイ、SUPERNOVAグァンス
Photo By 提供写真

 映画「TOKYO24」(監督寺西一浩)で主役を務めた寺西優真、SUPERNOVAグァンス、葉加瀬マイらが12月3日から開催されていた「第16回モナコ国際映画祭」のレッドカーペットを歩いた。グラビアでも活躍する葉加瀬は胸元と背中の大きく開いたロングドレスで登場し、抜群のスタイルで注目を集めた。

 2030年の近未来を舞台に、東京都知事(長谷直美)の命によって招集された特別犯罪捜査チーム「T24」のメンバーが難事件に挑むアクション要素を含んだサスペンス。

 今回の映画祭では、コンペティション部門正式招待作品に選出されていた。寺西優真は「普段会えないスペシャルな映画人と交流できて刺激的で最高です」と話した。

 最優秀主演男優賞を寺西優真、最優秀主演女優賞を長谷直美、最優秀助演女優賞を葉加瀬マイ、最優秀プロデューサー賞と最優秀スタイリング賞を寺西一浩監督が受賞。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月9日のニュース