ハリウッド進出の野望も…ダレノガレ明美、英語の勉強は「ぜんぜん進まない」

[ 2018年11月23日 21:13 ]

「RIZAP ボディメイクグランプリ 2018 ファイナル」にゲストとして出席したダレノガレ明美
Photo By スポニチ

 タレントのダレノガレ明美(28)が23日、「RIZAP ボディメイクグランプリ 2018 ファイナル」に特別ゲストとして出席した。ダレノガレは現在も同社のボディースタイリングプログラムに取り組んでいて、周囲からも「女性らしくなった」と好評だという。今後は「あと1キロあるかないかくらい体重を増やして、絞っていきたい」と新たの目標を掲げた。

 プログラムでは変なところに筋肉がつかないように「歩き方を意識するだけで変わるよ」などトレーナーからのアドバイスを受けたという。また、なかなか体重が増やせないので、食事の摂り方についても指導を受け、「朝昼晩に食事を摂るようになりました。夜にタンパク質を摂ったほうがいいと言われて、いいお肉屋さんを見つけて、そこのねぎめしにもはまりました」と楽しそうに語った。現在、トレーニングは週に2〜3回程度。「これでいいのかなと思うくらいキツくないです。自宅ではテレビを見ながらゴムやストレッチなどでトレーニングをしています」。また、夏になると必ず3キロほど体重が減ってしまい、30キロ台になってしまうことや貧血にも悩んでいたという。それもいまは解消し、「タイトな服を着たいと思うようになりました。ガイコツとか、痩せすぎで気持ち悪いと(ネットに)書かれてしまうので、出したくなかったのですが、きれいになったとか書いてもらえるようになったので、リサーチも楽しくなりました」と顔をほころばせた。

 また、8月にハリウッド進出宣言をした後、英語力が足りないため先延ばしになりそうだが、あきらめたわけではないと語っていたダレノガレ。ボディーの準備はすでにハリウッド仕様で準備できているのか、という質問に対し、「もっと増量したいですね」と答えた。そして気になる英語については「ぜんぜん進まないですね、どうしましょう?体は鍛えられるんですけど、脳みそが鍛えられなくて…。がんばります」とやや小声で戸惑いながら話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2018年11月23日のニュース