BTS事務所が一連の騒動謝罪、米ユダヤ団体に書簡送る

[ 2018年11月13日 22:29 ]

韓国のヒップホップグループ「BTS(防弾少年団)」(左から)RM、J−HOPE、V、JUNG KOOK、JIMIN、SUGA、JIN
Photo By 提供写真

 韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所は13日、過去にメンバーが原爆投下の場面がプリントされたTシャツを着用したり、ナチス親衛隊の記章をあしらった帽子をかぶったりしたことに端を発する一連の騒動について、不快感を与えたとして謝罪を表明した。

 事務所が公式SNSアカウント上でコメントを発表し、不快感を与えたとして謝罪した。原爆被害者やナチスの被害者を傷つける意図はなかったと説明。今後は今回の問題を改善するために最善の努力を行うとしている。

 ナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げていたとして同グループを非難した米ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」に対しても謝罪の書簡を送ったとした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年11月13日のニュース