葉加瀬マイ、ハイスペック彼氏と別れたきっかけを告白「予約したホテルが…」

[ 2018年11月13日 19:33 ]

AbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」に出演したタレントの葉加瀬マイ
Photo By スポニチ

 タレントの葉加瀬マイ(31)が12日放送のAbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(月曜後9・00)に出演。過去の恋愛体験談を赤裸々に告白した。

 番組は毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論するバラエティー。葉加瀬は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”として出演した。

 「ブスの別れ方」というテーマで、これまでどのような別れ方をしたか質問。自称“ブス”メンバーからは「こちらから別れを切り出したら、法律を盾に返金要求をされた」「財布を盗まれ、全額使われたのでフった」「魚介を“ぎょすけ”と読んでいて、そのアホさに嫌気がさした」「別れを切り出されて断ったら“俺がお前と付き合うメリットを100個書け”と言われた」など、仰天エピソードが次々と明かされた。

 葉加瀬は自身の思い出話を披露。「慶応(大学)出身で、身長は1メートル85、イケメンの外資系金融マンというスペック的にはすごい方に“お願いだから付き合って!何でもします”と、しつこく言われたので、付き合ってみたら、初めての夜に、彼が予約していたのが歌舞伎町のラブホテルだった」と告白。

 「それで、とりあえずその日は“体調が悪い”と言って帰ったんです。それで終わりました」と振り返った。葉加瀬のエピソードに、自称“ブス”メンバーからは「全然共感できないです。ラブホテルの何がダメなんですか!?」と、ブーイングが起こる一幕もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2018年11月13日のニュース