「あさイチ」柳澤秀夫氏 NHK退局していた テレ朝「ワイスク」で民放初出演「蚊取り線香状態」

[ 2018年10月3日 14:25 ]

NHK・柳澤秀夫解説委員
Photo By スポニチ

 NHK「ニュースウォッチ9」初代キャスターや解説委員を務めたジャーナリストの柳澤秀夫氏(65)が9月30日付で同局を退局していたことが3日、分かった。退職理由について、NHKは「お答えしておりません」とした。

 テレビ朝日「ワイド!スクランブル」(月〜金曜前10・25)の水・金曜コメンテーターに就任し、この日、民放初出演。冒頭、「民放のスタジオに入ったのは生まれて初めてなんです。ものすごく今、蚊取り線香の状態です。キンチョウ(金鳥蚊取り線香、緊張です。大概、こういうふうに言うと、今まではスルーされていましたが、スルーされるのは慣れています」と笑いを誘い、あいさつした。

 1977年にNHK入局。国際部の記者としてカンボジア内戦や湾岸戦争を精力的に取材。「あさイチ」(月〜金曜前8・15)の初代キャスターも8年間務め、今年3月30日にV6井ノ原快彦(42)有働由美子アナウンサー(49)とともに卒業。「ヤナギー」の愛称で親しまれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2018年10月3日のニュース