阿部哲子アナ 体調不良で「梅ズバ」「バラダン」など全レギュラー番組降板「重い症状ではない」

[ 2018年10月3日 16:40 ]

阿部哲子アナウンサー
Photo By スポニチ

 元日本テレビでフリーの阿部哲子アナウンサー(39)が体調不良のため、フジテレビ「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(水曜後10・00)などの全レギュラー番組を9月いっぱいで降板したことが3日、分かった。

 所属事務所は、具体的な病名については非公表としながらも「重い症状ではない」と説明。復帰時期は体調の回復具合を見ながら探る。

 9月27日には、前身番組から6年間出演したTOKYO MXの情報番組「オトナの夜のワイドショー! バラいろダンディ」(月〜金曜後9・00)を卒業。「アッという間でした。プライベートでどんな悲しいことがあっても、この番組に来ると楽しかったので、寂しいです。大人になって、こんなにくだらないことに一生懸命になれるのは一番カッコいいと思います」と涙声で別れを告げた。

 今年4月にスタートしたフジ「梅ズバ」はアシスタントを担当。9月19日放送分が最後の出演になり、今月3日放送の2時間スペシャルから当面、後任を立てず週替わりアシスタントで対応する。

 アシスタントMCを務めたTOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」(土曜後5・00)は9月29日が最後の出演。。後任は元NHKのフリーアナウンサー・古瀬絵理(40)。

 阿部アナはて横浜国立大学経営学部から2001年に日本テレビ入社。06年11月にTBS記者と結婚し、07年9月に退社。09年10月に第1子男児を出産。17年5月に離婚した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年10月3日のニュース