樹木希林、大腿骨骨折 お盆TV番組に電話出演「うっかりあちらに…」

[ 2018年8月17日 05:30 ]

樹木希林(撮影・根津礼美)
Photo By スポニチ

 女優の樹木希林(75)が、13日に大腿骨を骨折していたことが16日、分かった。出演予定だったNHK・BSプレミアムの「大中継!にっぽんのお盆」(後6・00)の放送中に明かされた。

 番組冒頭、女優の吉岡里帆(25)が「お会いしたかった方いるのですが…。お電話で中継させていただきます」と樹木を紹介。進行役の武内陶子アナウンサー(53)が「3日前に大腿骨を骨折なさいまして、出演ができなくなりました」と経緯を伝えた。樹木は電話で生出演し「ポキッと折れるんですね」と当時の状況を語った。15日に手術を受けたことも報告。お盆の番組とあって「うっかりあちらに送られる側になるところでした」と自虐トークも交えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月17日のニュース