乙武洋匡氏「五体不満足」印税額は6億円 “先駆者”目標は野茂英雄

[ 2018年8月17日 08:31 ]

乙武洋匡氏
Photo By スポニチ

 作家の乙武洋匡氏(42)が17日放送のテレビ東京「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。600万部以上を売り上げた著書「五体不満足」の印税額を明かした。

 大学生時代に出版した「五体不満足」がベストセラーに。「(売り上げの)10%ですよね」と印税額がおよそ6億円だったことを明かし、「22歳だったので、金銭感覚としてリアルに受け取れない。当時お金が入って思ったのが、これで心置きなくカラオケ延長できるな、だった」と笑わせた。

 昨年は不倫スキャンダルなどで世間からバッシングを受けたが「それまで障がい者って守ってあげなきゃいけない弱者という扱いだった。ここまでフルスイングで全国からボコボコにやられた障がい者って初めてだと思う」と苦笑いを浮かべ、歯に衣着せぬ発言を続ける理由を問われると、「唯一、僕がロールモデルにさせて頂いているのは野茂(英雄)さんなんです。悪者になりながら、(メジャーリーグへの)道を切り拓いてくださったおかげで皆が行けるようになった。先駆者としての役割が素晴らしかったと思う。後世の人に『昔、乙武っていう人がそれやったから、あんたも頑張れば出来るかもね』と言ってもらえるように、いろいろな山に旗を立てておきたい」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月17日のニュース