【明日8月18日の半分、青い。】第120話 より子が再登場 鈴愛、妙案ひらめき律の家に電話をかけると

[ 2018年8月17日 13:00 ]

連続テレビ小説「半分、青い。」第120話の1場面。花野からつくし食堂2号店の名前を聞き出すための妙案を思いつく鈴愛(永野芽郁)(C)NHK
Photo By スポニチ

 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月〜土曜前8・00)は18日、第120話が放送される。

 仙吉(中村雅俊)が花野(山崎莉里那)に伝えたつくし食堂2号店の名前は何だったのか。鈴愛(永野)たちはあの手この手で聞き出そうとするが、花野は頑なに話さない。晴(松雪泰子)は仙吉が店名を書き残していないかと家の中を探し回るも、ヒントになるものは見つからない。皆が打開策を見つけられない中、鈴愛は花野から店名を聞き出すための妙案を思いつく。勇んで律(佐藤健)の家に電話をかけると…。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

 【+α】律の妻・より子(石橋静河)が再登場。鈴愛が、新婚の律が住む大阪の家に押し掛けた時(第78話、6月30日)以来の対面はあるのか。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年8月17日のニュース