さんま、34年間テレ東に出なかった理由明かす 出川驚き「都市伝説が本当だった」

[ 2018年7月16日 13:32 ]

お笑いタレントの明石家さんま
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの明石家さんま(63)が14日放送のテレビ東京「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の2時間半スペシャル(土曜後6・30)にゲスト出演。34年間、同局の番組に出演しなかった理由を明かした。

 番組中盤にさんまは山形県の団子屋で、バイク旅をする出川たちと合流。「もうちょっと近場があったやろ」と毒づきながら登場したさんまに、番組MCの出川哲郎(54)は「いやいやちょっと待って。嘘でしょ。さんまさん!さんまさん。違うんです、違うんです。なんで」と狼狽。さんまは笑いながら「(出演は)出川の頼みやからな。嫌だって言えないやろ、仕事引き受けてオファーが来た場合」と出演した理由を語った。

 バイク旅を再開すると、出川が34年ぶりのテレ東出演となるさんまに「テレ東に出れなくなった理由は話せるんですか」と直球質問。「『サタデーナイトショー』という番組をやっていて、深夜番組やけど数字がテレ東でトップになった。10年、20年続きますように乾杯って言った1週間後に打ち切りが決まった」と1981〜84年に放送された深夜番組「サタデーナイトショー」を理由に挙げ、「数字が良くて打ち切りになったのが俺は本当にショックで。それでテレ東にはもう出ないってなった」と説明した。出川は「半分、都市伝説になってからどこまで本当なんだろうと思ったら本当だったんですね」と目を丸くしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年7月16日のニュース