薬丸裕英 日大会見に怒り心頭「本当に子ども」 坂上忍も「笑っちゃう」

[ 2018年5月24日 12:53 ]

薬丸裕英
Photo By スポニチ

 タレントの薬丸裕英(52)が24日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)に出演。日大アメリカンフットボール部の宮川泰介選手(20)が悪質な反則行為で関学大QBを負傷させた問題を受け、23日夜に行われた内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)コーチ(30)の会見について「なんなの、このお粗末会見は」と怒りを露わにした。

 番組冒頭から約2時間の会見を前日22日に会見した宮川選手との主張との食い違いや、司会を担当した広報担当の発言などを紹介した。

 薬丸は「日大から集めている会見なのに、なんなの、このお粗末会見は!」と怒り心頭。「宮川くんの会見と照らし合わせて、どっちが大人、どっちが指導者の会見なのか。本当に子ども。言っていることも、何のつじつまが合わない」と不満をぶちまけた。さらに「なんなんだろう、このこざかしい言い訳。指導者、教育者じゃない」と怒りは収まらない様子だった。

 女優の杉本彩(49)も「怒りとか通り越して悲しくなっちゃう」と応じ、司会の坂上忍(50)も「印象は悪いを通り越している」「笑っちゃうぐらいひどい」とただただあきれた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年5月24日のニュース