諸星和己 日大・内田前監督と井上コーチを皮肉る「指示ではありません」

[ 2018年5月24日 19:16 ]

 24日のDeNA―中日戦(横浜)で、元「光GENJI」の諸星和己が始球式を行った。投球前には日大アメフット部の騒動を交えたジョークを飛ばし、スタンドを沸かせた。

 昨年5月25日の前回始球式では自らの京田陽太選手に対する死球について「ラミレス監督や青山コーチの指示ではありません」。自らのコントロールミスであることを強調し、日大アメフット部の内田前監督と井上コーチを皮肉った。

 マイクパフォーマンスはまだ続く。「スポーツはフェアだから感動を呼ぶんです。選手もフェアに思いっきり戦ってください」。笑いが拍手に変わった。

 肝心の投球はノーバウンドで外角へ。諸星は「去年まさかの死球だったので意識してしまった」と苦笑いしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年5月24日のニュース