石橋貴明 フジのバラエティー再建を熱望 出演にも意欲「脇役でいいので」

[ 2018年3月21日 10:04 ]

「ダーイシ」に扮してイベントに登場したとんねるずの石橋貴明。
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「とんねるず」の石橋貴明(56)が21日、きょう発売のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)のDVD「とんねるずのみなさんのおかげでBOX」店頭表敬訪問のため、SHIBUYA TSUTAYAを訪れた。

 「みなおか」は1988年に「とんねるずのみなさんのおかげです」としてレギュラー放送がスタート。人気キャラクターや名物コーナーを送り出し、番組から生まれたユニットがNHK紅白歌合戦に出場するなど局の枠を超えてブームをつくり、90年代には平均視聴率20%を超える人気番組に。長きに渡りバラエティー番組を牽引し続けてきたが、あす22日に30年の歴史に幕を下ろす。

 同局では同じく長寿番組「めちゃ×2イケてるッ!」も今月いっぱいで終了。「めちゃイケ」「みなおか」の後番組も決まっているが、今後フジのバラエティー番組に期待することを聞かれると「バラエティーを作らせたら1番うまい局だと思う。ぜひ20、30年続くような素晴らしいバラエティーを作ってほしい」とエールを送り、「王国を再建してもらって、そこで脇役でいいので入れてもらう」と出演も希望した。昨今、インターネット番組も台頭しているが「変化はいろいろある。その変化に対応していかないといけない。そうやって(テレビ番組を)作っていかないといけない。まだまだテレビの影響は大きい。その中でアイディアを絞って作るしかない」と語った。

 この日石橋は「ダーイシ」こと、石田弘番組エグゼクティブプロデューサーに扮して登場。最終回を前に「ただただ寂しい。30年、毎週のように木金はフジテレビに行っていたので」と胸中を告白。印象に残っているゲストは歌手の井上陽水(69)で「井上陽水さんが歌のCDボックスを発売して、その中の年表に『みなおか』出演って書いてあって感動した。でも出演は1回だけ。今回のDVDに入れようとしたけど頑固としてダメだと(言われた)」と苦笑しながら裏話を披露した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年3月21日のニュース