PR:

たけし新作書き下ろし小説 週刊文春で全文掲載「大人のメルヘンとして」

ビートたけし
Photo By スポニチ

 ビートたけし(71)が書き下ろした小説「ゴンちゃん、またね。」が、22日発売の「週刊文春」(3月29日号)で一挙掲載される。21日、文藝春秋が発表した。

 昨年話題を呼んだ恋愛小説「アナログ」以来の新作の書き下ろし。枚数は400字詰め原稿用紙80枚相当。掲載にあたりたけしが描いた挿絵が2点入るという。

 たけしは「書くきっかけは、ガキの頃、初めて飼った野良犬のチビの思い出があったからですね。お袋から棄ててこいと言われて、棄てるんだけど必ずウチへ帰ってくる。最後の町はずれまで連れてくと、俺が迷子になっちゃった(笑い)。チビが家まで無事に案内してくれたんで、お袋も『なんて頭のいい犬だ』なんてね。結局飼い方も知らなかったんで満足に世話できなかった。犬の思い出と現代人の孤独がつながった時に作品が生まれたと思う。こんな時代だし、大人のメルヘンとして読んでもらえたらありがたいな」とコメントした。

[ 2018年3月21日 14:48 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:05月22日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル