宮城夏鈴、ボディーペイントで裸婦を再現 「Re又造」で披露

[ 2018年3月15日 00:41 ]

ボディーペイントに挑戦した宮城夏鈴
Photo By スポニチ

 女優の宮城夏鈴(25)が14日、都内で行われた画家の加山又造さん(2004年死去)のアート展「Re又造」の発表会に出席した。

 加山さんの作品「黒い薔薇の裸婦」(1970年)の女性に扮したデジタル映像が同展で披露される。14時間かけたボディーペイントで裸婦を生々しく再現し「加山さんの作品から感じられるような、こびない女性を意識した」と説明。「世代を超えて触れていただきたい」と呼びかけた。東京・恵比寿のEBiS303で4月11日から5月5日まで。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年3月14日のニュース