渡辺麻友 大杉漣さん急死に悲痛…思い出す優しさ「まゆゆのペースで大丈夫、と…」

[ 2018年2月23日 10:38 ]

「PERSOL PREMIUM FRIDAY テープカットセレモニー」に登場した渡辺麻友
Photo By スポニチ

 元AKB48の渡辺麻友(23)が23日、都内で「PERSOL PREMIUM FRIDAY テープカットセレモニー」に出席。21日に急性心不全のため66歳で急死した俳優の大杉漣さんを悼んだ。

 大杉さんとはドラマやCMで共演の経験がある。「2回共演させていただいて、一度目はAKBのドラマですごく親切にしていただいた。演技に慣れてなかったのですが、『まゆゆのペースで大丈夫だからね』って言ってくれて優しくしていただきました。今回は言葉にならない…。悲しい気持ちでいっぱいです」と悼んだ。

 昨年、アイドルグループ「AKB48」を卒業。恋愛も解禁となったが「仕事でいっぱいいっぱいなので、余裕ができたら」と笑顔。プレミアムフライデーにデートするなら?と聞かれると「派手な遊びを好んでするような人間ではないので、美術館でしっとりとしたデートをする方がいいですね」と話していた。

 現在開催中の平昌五輪について質問を受けると「同年代の活躍がめざましいと思った。羽生(結弦)選手もそうですし、高木美帆選手も金銀銅制覇されて。たくさん勇気をもらったので、私もがんばろうと思いました」と目を輝かせた。

 イベントにはほかに若槻千夏(33)も出席した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2018年2月23日のニュース