いしだ壱成、顔面麻痺だった「二週間ほど前に発症」 ネットで心配の声

[ 2017年10月21日 12:14 ]

俳優・いしだ壱成
Photo By スポニチ

 2度目の離婚を発表した俳優のいしだ壱成(42)が21日、自身のブログで医師から顔面麻痺と診断されていたことを明かした。

 いしだは、この日のエントリーで「連日ネットなどでご心配いただいておりました、顔面の左側麻痺につきましてご報告させて下さい」と切り出し「帯状疱疹から来る顔面麻痺、という医師の診断でした。二週間ほど前に発症をしました」と説明。その後、1週間通院し現在は完治しているそうで「予定どおり舞台に立たせていただいております」とつづった。

 18日に放送されたフジテレビ系「良かれと思って!」で2度目の離婚を発表。その際、左側の顔面の動きが不自然だったため、インターネット上には「顔面麻痺ではないか」と心配の声が挙がっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月21日のニュース