高橋一生になりたい…共演女優がもう想「女性をメロメロにしたい」

[ 2017年10月21日 14:14 ]

映画「リミット・オブ・スリーピングビューティー」初日舞台あいさつを行った高橋一生
Photo By スポニチ

 俳優の高橋一生(36)が21日、出演映画「リミット・オブ・スリーピングビューティ」(監督二宮健)の初日舞台あいさつを東京・新宿武蔵野館で行った。

 現実ともう想が交錯するラブストーリーで、高橋は主演の桜井ユキ(30)の恋人役。25歳で、同作が商業映画デビューとなる二宮監督に対し、「撮り始めてから、きちんと皆さんの前で上映される機会を待ち望んでいた。こんなにうれしいと思ったことはないかもしれない。これからも、とても幸せな経験として残っていくと思う」と感慨深げに話した。

 NHK大河ドラマ「おんな城主、直虎」で演じた“政次ロス”が起こるなど人気絶頂だが、抱いているもう想を聞かれ、「監督とまた一緒に仕事をしたい」と熱望。そんな姿に、オーディションで選ばれ共演した阿部純子(24)は「一生さんになって、女性をメロメロにさせてみたい」ともう想を膨らませていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年10月21日のニュース