有村藍里は“お尻”が自慢 妹・架純に「勝ってると思う」

[ 2017年7月2日 05:30 ]

改名後のサインを見せる有村藍里
Photo By スポニチ

 女優・有村架純(24)の姉でグラビアタレントの有村藍里(26)が1日、都内で初写真集「i」(講談社)の発売イベントを行った。今年3月に改名してから、公の場に出席するのは初めて。報道陣に囲まれての取材も初体験した。

 等身大の自分をテーマに撮った作品。一番自信のあるヒップを強調した大胆なヌードも披露しており、セクシーなポーズが満載。「お尻は妹に勝ってると思う」と胸を張った。

 普段から架純とは密に連絡をとっている。「普通の友達みたいな感じで美容関係について話すことが多いですね」と明かした。仕事についてはあまり話題にすることはなく「写真集のことも話していなかったんです。でも、ネットとかで知ったみたいで“おめでとう”と言ってくれた」と笑顔を見せた。

 目指すはバラエティータレントだが、架純と演技の仕事での共演も熱望。「機会があれば、姉妹役とかできたらいいな」と夢を語った。

 ◆有村 藍里(ありむら・あいり)1990年(平2)8月18日、兵庫県生まれの26歳。16歳の頃から大阪を拠点にグラビアアイドルとして活動。芸名は「新井ゆうこ」。2015年に報道で有村架純の姉であることが判明。今年3月に本名の「有村藍里」に改名した。スリーサイズはB83(Dカップ)、W60、H88。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年7月2日のニュース