SKE単独新センターは15歳・小畑優奈「オーラあるアイドルに」

[ 2017年7月2日 10:30 ]

SKE48のセンターに抜てきされた15歳の小畑優奈
Photo By スポニチ

 SKE48のニューシングル「意外にマンゴー」(19日発売)で、デビューから約2年の新星・小畑優奈(15)がセンターに抜てきされた。SKEの単独センターは、エースの松井珠理奈(20)、卒業生の松井玲奈(25)に続き3人目。はじけるような笑顔と躍動感たっぷりのダンスが魅力で「オーラがあるアイドルになりたい」と意欲を燃やしている。

 ――SKEで3人目の単独センターです。

 「“ダブル松井”さんに続くのは、凄いプレッシャーです。もともと、お二人に似ている部分はないんですけど、私が“新しいSKE”を見せられたらいいなと思います」

 ――珠理奈さんから何かアドバイスをもらいましたか?

 「“そのままでいい”と言ってくださいました。“ゆなな(小畑)は緊張を表に出さないところがいい”と」

 ――緊張しないタイプ?

 「本当は緊張してるんですけど、オドオドしてる感じが出ちゃうと良くないので、表に出さないようにしてます」

 ――そもそもSKEに入ったのはなぜ?

 「私のおばあちゃんが昔から“芸能界に入れたい”と言ってたんです。おばあちゃんがいろいろなオーディションを探して、その中からSKEを見つけて、私が受けました」

 ――おばあちゃんはおいくつ?

 「57、58歳くらいですね」

 ――おばあちゃんの勧めでオーディションを受ける人は珍しいです。

 「おばあちゃんは本当はお母さんを芸能界に入れたかったんですけど、うまくいかなかったので、私に回ってきたみたいです(笑い)」

――ご自身はSKEを知っていた?

 「AKBは好きでしたけど、SKEは見たことがなかったです」

 ――珠理奈さんのことも知らなかった?

 「そうですね…(苦笑い)」

 ――センターに決まった時、おばあちゃんは?

 「本当にびっくりして“え、うそでしょ!?鳥肌が立ってきた”と言ってました。夜だったので、おじいちゃんは寝てたんですけど、話しているうちに起きてきちゃいました」

 ――SKEに入って努力したことは?

 「劇場公演を大事にしてきました。劇場にはSKEのことをよく知っている人が来てくれるので、その中で目立つのは本当に難しいんです」

 ――目立つためにどんなことを?

 「誰よりも高く跳ぶとか…。私はかっこいい曲より元気な曲の方が似合うんです」

 ――躍動的なダンスが魅力のSKEの一員らしいです。

 「はい。だから、そういう部分で自分の個性を出していきたいです(笑い)」

 ――その笑顔がいいですね。

 「握手会でファンの方に“笑顔が好き”と言われます。SKEに入るまでは自信がなかったんですけど、そう言ってもらえるようになって、笑顔を大切にしてきました」

 ――以前からセンターになりたいと思っていた?

 「SKEに入ってから、そう思うようになりました。ここにいるからには目指したいものではありました」

 ――欅坂46のセンター・平手友梨奈さんも同じ2001年生まれです。

 「同じ年とは思えない表情をするので、びっくりします。私にはあの迫力は出せません。尊敬してます」

 ――これから同世代として比較されることが多くなりそうです。

 「あ〜、確かに。プレッシャーです。比べられるのが一番怖い」

 ――ファンのために頑張ってください。

 「そうですね。私は違うことをしていきたいと思います」

 ――どんなアイドルを目指します?

 「誰にもないオーラがほしい。“この子は違う”と思ってもらえるようなオーラのあるアイドルになりたいです」

 ――既にオーラが出始めています!

 「本当ですか!?(笑い)」

 ◆小畑 優奈(おばた・ゆな)2001年(平13)12月18日生まれの15歳。愛知県出身。15年3月、SKEの7期生オーディションに合格。同6月、劇場公演デビュー。同11月、研究生から昇格。今年6月、シングル「意外にマンゴー」での初選抜入り・センター起用が発表された。同月のAKB総選挙では72位。身長1メートル52。血液型O。愛称・ゆなな。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年7月2日のニュース