稲村亜美 ハマスタで始球式 92キロも「コース重視で投げた」

[ 2017年4月30日 15:13 ]

<D・広>始球式を行う稲村亜美
Photo By スポニチ

 神スイングで人気のタレント稲村亜美が30日、DeNAー広島戦(横浜)で始球式を行った。

 DeNA・柴田と対戦し、92キロ直球で内野ゴロに打ち取った稲村は「最初、高城 選手がすごくインコースに構えていたのですが、絶対にぶつけられないということで、少し外よりに動いて真ん中に構えてもらいました。球速は92キロということでしたが、コース重視で投げた結果だと思います。実際に選手と対戦できるというのはなかなかないので、楽しかったです!」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月30日のニュース