野村将希”飛猿ジュニア”政孝のJデビューにそわそわ「緊張しながら…」

[ 2017年4月30日 22:18 ]

野村将希
Photo By スポニチ

 人気時代劇「水戸黄門」の飛猿役などで知られる俳優の野村将希(64)が30日、自身のブログを更新。サッカーJ2熊本に所属する長男のGK野村政孝(25)が29日の明治安田生命J2リーグ第10節・横浜FC戦(えがおS)でプロ4年目にして念願のJリーグデビューを果たしたことを喜んだ。

 野村は「報告です!長男の政孝が!」とのタイトルでブログを更新。「長男の政孝が、昨日、ロアッソ熊本で、キーパーデビューしました」と政孝の顔写真を貼り付けて報告。

 チームは先制しながら4点を失って逆転負けを喫したこともあって「デビュー戦は白星で飾れませんでしたが!ネットで中継を見ていましたが、緊張が伝わってきましたね。唇も乾いていたと思います(笑)」と父親の顔をのぞかせ「応援してくださったサポーターの皆さんには、申し訳なく思います。手厳しいコメントも沢山頂いたようです。しかし、それも、チームを心から応援してくださってるからこそだと思っています。長い目でこれからも見てやってください。必ず結果を出してくれると思います。親としては、緊張しながら見ていました。高校サッカー、大学サッカー、以来です!」とつづった。

 熊本の正GK佐藤昭大(30)が試合前日の練習で右手を骨折し、急きょ巡ってきた先発のチャンス。政孝はデビュー戦を勝利で飾ることはできなかったが、父は「次回の試合は、5月3日、FC町田ゼルビアと対戦します」と次節の試合まで告知し、エールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月30日のニュース