西川史子 高樹沙耶被告にあきれ顔「同情の余地はない」

[ 2017年4月30日 11:25 ]

西川史子
Photo By スポニチ

 医師でタレントの西川史子(45)30日放送のTBS「サンデー・ジャポン」(日曜前10・00)に生出演。大麻取締法違反(所持)罪に問われ、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡された元女優・高樹沙耶被告(53)についてコメントした。

 高樹被告のコメントをVTRで見た後、西川は「全く同情の余地はない」とバッサリ。「歯が痛かった使ったみたいなことを言っていたが、痛み止めがある。医療用大麻について議論されることはいいんですけど、自ら使うことは別問題。依存されていたんだろうなと」とあきれ顔だった。

 モデルのアンミカ(45)は「人生かけてやってらっしゃって、注目していた」とし、「今回、個人的に使ったことで、必要としていた人を二重で裏切ったことになる」。週刊誌の手記では、女優復帰への意欲も見せていることにも触れ、「そんな発言するのは早すぎる。もっと世間に信頼取り戻さないといけないし、甘い」と斬り捨てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月30日のニュース