「東八千代」の芸名で踊り子 酒あおった初舞台は転んで大ウケ

[ 2017年4月30日 07:33 ]

浅草ロック座「ママ」斎藤智恵子さん死去

(左から)早乙女太一、ビートたけしと笑顔の斎藤智恵子さん
Photo By スポニチ

 「東八千代」の芸名で踊り子となった斎藤智恵子さんだが、初舞台は恥ずかしさから日本酒をあおって登場。着物の帯に足をとられて転倒し、客には大ウケのストリップデビューとなった。

 当時は実妹を含め6、7人の女の子を集めて劇団を結成し、地方興行を行ったという。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月30日のニュース