清水富美加 告白本でぶっちゃけ 好きな人いた 喫煙者だった

[ 2017年2月17日 13:50 ]

清水富美加
Photo By スポニチ

 宗教法人「幸福の科学」に出家し、芸能界を引退する意思を表明した女優・清水富美加(22)の告白本「全部、言っちゃうね。」が17日、幸福の科学出版から発売された。

 第1章「でも今日、出家します。」において、役作りのため虫を食べたことを告白。数々の仕事の中には「“悪魔のお手伝い”のようなことをしてしまったのもあったんじゃないかって思うと、つらいです」と振り返った。

 「清水富美加で得たものはすべて捨てます」と出家すると「とてもすっきりして軽くなりました」といい、悩みの種だった好きな人のことも忘れ、タバコもやめた。「(本のタイトルが)『全部、言っちゃうね。』なんで言っちゃうんですけど、喫煙者だったんですよね。意外ですよね。自分でも思います(笑)」とぶっちゃけた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年2月17日のニュース