美少女ユニット「X21」5人が堀越高校卒業式「大泣きでした」

[ 2017年2月17日 14:50 ]

堀越高校の卒業式後に笑顔で会見した美少女ユニット「X21」の(左から)泉川実穂、末永真唯、田中珠里、長尾真実、山木コハル
Photo By スポニチ

 美少女ユニット「X21」の泉川実穂、末永真唯、田中珠里、長尾真実、山木コハルが17日、東京・中野サンプラザで行われた堀越高校の卒業式に出席、制服姿で卒業報告会見に臨んだ。

 5人は涙目で登場。山木は「先生方の言葉を聞いていて、これが最後だと思って気持ちがこみ上げて大泣きでした」。両親への思いを聞かれると、「小中高とお弁当を作ってくれたお母さん、きのうがラストのお弁当だったんですけど、手紙が入っていました。“毎日作り続けた私って凄い”、そういう内容だったんですけど、それでも泣きました」と感謝の思いを語った。前日16日の夜に、両親からお守りとしてルビーとダイヤのネックレスをプレゼントされたという長尾は「これからお守りとして着けたい」と話した。

 1人だけ大学に進学し、経済の勉強をしたいという末永が「学業との両立を頑張りたい。夢に向かって進んでいきたい」と目を輝かせれば、泉川も「東京五輪にリポーターなどとして参加できれば」と夢を膨らませた。

 一方、田中はインターネット上で「欅坂46」の平手友梨奈(15)と似ていると話題になっていることに触れ、「平手ちゃんのファンの人が(イベントなどに)来てくれたりします。平手ちゃんと2ショットを撮りたい。平手ちゃん、よろしくお願いします」とカメラ目線で呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月17日のニュース