間宮祥太朗&永野芽郁「左江内氏」ゲスト出演 スーパースーツ姿に

[ 2017年2月17日 06:00 ]

「スーパーサラリーマン左江内氏」に出演する堤真一と永野芽郁(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 さえない中年男がある日突然スーパーマンになって大活躍する日本テレビ系コメディードラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(土曜後9・00)の第7話(25日放送)に若手俳優・間宮祥太朗(23)、第8話(3月4日放送)に女優・永野芽郁(17)がゲスト出演することが17日、分かった。2人は左江内氏と同じくスーパースーツを着用する場面も。なぜスーパースーツを着ているのか、物語の展開に注目が集まりそうだ。

 「勇者ヨシヒコ」(テレビ東京系)シリーズなどでおなじみの演出家・福田雄一氏の世界観が詰まった作品で、主演の俳優・堤真一(52)のとぼけた雰囲気、小泉今日子(51)の鬼嫁っぷりなど登場人物の振り切れぶりや、毎週の“笑撃シーン”がインターネット上で話題になっている。

 間宮は出演にあたり「初回からずっと楽しみに見ていて、いちファンだったので、出演できて嬉しいです。『左江内氏』には独特の空気があるので、急に入っていくのは難しいかと思いましたが、邪魔になっていなければいいですね(笑い)。自分と共演するシーンの左江内さんには、ぐっとくるものがあると思います!」とコメント。主人公ではないのにスーパースーツを着用することになり「自分用のスーパースーツ、嬉しかったです。これを着ると自然に腰に手をあててしまいますね。役得ですね!貴重な体験をしました」と喜んだ。

 永野は「『左江内氏』は、いち視聴者として観ていたので、出演できてとにかく嬉しかったです。そして何より堤さんのスーパーヒーロー姿を生で見られたことに感動しました(笑い)。スーパースーツは、私の役のために作ってくださったので、ピッタリで最高でした。スーパーヒーローに憧れていた時があったので夢が叶った気分でワクワクしました!」と興奮気味に撮影を振り返った。

 ドラマも後半に入り、豪華ゲストの出演が続々決定。第7話では鈴木浩介(42)、第8話は平泉成(72)、立石涼子(65)、第9話には風間杜夫(67)、宅麻伸(60)、石野真子(56)、やべきょうすけ(43)、高橋努(38)が登場する。それぞれのゲストがどんな役柄で登場するのか注目だ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月17日のニュース