清水富美加、告白本緊急出版 意味深!表紙に「死にたかった7年…」

[ 2017年2月17日 05:30 ]

清水富美加 出家騒動

出家・引退騒動の渦中にある清水富美加
Photo By スポニチ

 出家騒動の渦中にある女優の清水富美加(22)が告白本「全部、言っちゃうね。」を緊急出版することを16日夜、法名の「千眼美子」名義のツイッターで発表した。「この本も、またすぐ差し止められちゃうかもしれないんですけど私の持ってる真実、消されたくないので改めて千眼美子として生きていく宣言。“全部、言っちゃうね。”17日、発売。」と告知した。

 教団によると、今月11日から医師の立ち会いのもと、出版元の幸福の科学出版の編集者がインタビューし、まとめたもの。副題は「本名・清水富美加、今日、出家しまする。」で、ツイッターに掲載した本の表紙には直筆とみられる文字で「死にたかった7年、死ななかった7年。」と意味深に記している。

 幸福の科学出版もホームページで告知。内容については「一連の騒動の真相は?幸福の科学って?せっかく人気女優になれたのに?友だちや仕事でお世話になった人、そして心配してくれるたくさんの人たちへ。すべての疑問に、自分の言葉で答えました」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年2月17日のニュース