PR:

スマホ版マリオ、配信スタート 任天堂、世界的ヒット期待

 任天堂は16日、スマートフォン向けゲーム「スーパーマリオラン」の配信を開始した。スーパーマリオシリーズ初の本格的なスマホゲームで、関連会社などが手掛けた「ポケモンGO(ゴー)」に続き、世界的なヒット作になると期待されている。

 日本語のほか、英語やスペイン語などにも対応しており、151の国や地域に順次配信する。当面は「iPhone(アイフォーン)」など米アップル製端末向け限定となる。

 無料アプリをダウンロードすれば、ゲームの一部を遊ぶことができる。全ての内容を楽しむには1200円を支払う必要がある。ゲーム内での追加の課金はない。基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載した端末向けにも開発している。

 米調査会社センサータワーは、配信開始から1カ月の世界でのダウンロード数が5千万を超えると試算。売り上げも7100万ドル(約84億円)に達し、1億4300万ドルだったポケモンGOには届かないが、広く受け入れられると予想する。

 任天堂は据え置き型ゲーム機「Wii U(ウィー・ユー)」が苦戦し、業績低迷が続いている。ディー・エヌ・エー(DeNA)と資本業務提携し、スマホゲームの共同開発を進めてきた。(共同)

[ 2016年12月16日 08:58 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:06月19日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル