あれから3年…桜塚やっくん命日 親友・芋洗坂係長がお墓参り「この先も見守って」

[ 2016年10月5日 19:10 ]

桜塚やっくん
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の芋洗坂係長(48)が5日、自身のブログを更新。ライブのための移動中に山口県美祢市で交通事故に遭い、37歳の若さで2013年10月5日に亡くなった桜塚やっくん(本名・斎藤恭央)さんの命日にあたるこの日、お墓参りに行った様子を報告した。

 芋洗坂係長は「命日」とのタイトルでエントリー。「今日は、友人の命日でお墓参りに行ってきました」と切り出し、「いつもの様に綺麗なお花で埋め尽くされてました」とやっくんのお墓の写真を掲載するとともに「また、この先も見守っていてちょーだいね」と在りし日のやっくんの写真もアップした。

 芋洗坂係長とやっくんはともに日本テレビ「エンタの神様」などで活躍した親友同士。亡くなった当時、葬儀が家族だけの密葬で営まれた時も「いてもたってもいられず…親友の顔をどうしても一度見たくて…」と横浜市内の実家を訪れ、号泣していた。

 亡くなる2日前の2013年10月3日に更新されたやっくんのブログの最新エントリーのコメント欄には命日とあってファンからの書き込みも。「やっくんが、いなくなって3年だね。この3年、事あるごとにやっくんを思い出すよ」「やっぱり、やっくん居ないと寂しいな」と偲ぶ声が相次いだ。亡くなって3年でコメント欄は8万8000件を超えている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月5日のニュース