映画「妖怪ウォッチ」 山崎賢人エンマ大王&斎藤工ぬらりひょん

[ 2016年10月5日 05:30 ]

映画「妖怪ウォッチ」の実写パートでエンマ大王を演じる山崎賢人(左)とぬらりひょん役の斎藤工
Photo By 提供写真

 映画「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」(12月17日公開)で俳優の山崎賢人(22)がエンマ大王、斎藤工(35)がぬらりひょんを演じることになり、ビジュアルが公開された。

 テレビアニメやゲームで人気のジバニャンなどがアニメと実写の世界を行ったり来たりする内容で2人は実写パートに出演。エンマ大王は最強の妖怪、ぬらりひょんはその側近で人気のキャラクターだ。

 山崎は「一番強くて偉い妖怪なので男の子が憧れる存在。楽しく演じました」と大満足。斎藤は山崎と初共演でコミカルに踊るシーンもあり「深い絆がある2人を山崎くんと演じることができて楽しかった」と話した。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年10月5日のニュース