鈴木おさむ氏、REINAに聞いたCIA裏話に驚がく「旦那が嘘発見器に…」

[ 2016年9月9日 17:51 ]

放送作家の鈴木おさむ氏

 放送作家の鈴木おさむ氏(44)が9日、自身のブログを更新。パーソナリティーを務めるTOKYO FMの番組「よんぱち48hours」(金曜後1・00)に、話題のお笑いコンビ「セクシーチョコレート」のREINA(28)が来たことを報告。CIAとFBIの就職試験に合格していたという華麗な経歴の中でも、CIAのすごい裏話を教えてもらったという。

 鈴木氏は、「今日は、ラジオに、最近話題の女芸人さん、REINAさんが来ました。REINAさん、なんと、CIAとFBIに合格したというすごい経歴。実際にインターポールのテロ対策みたいな部署で仕事もしていたとか」とREINAの経歴を紹介。そして、「CIAの話を聞いたら壮絶なんですよ。CIAというのは映画でしか見たことないけど、海外に行って、その国で情報を集めるのが仕事。どうやって情報を集めるかというと、その国で、スパイになってくれる人を見つけて、その人から情報をゲットしていくのだとか。その国に入ったときから、仮の仕事なども与えられるのだとか。本当映画みたいだね」と、映画の世界そのままの任務が実在することに驚いた。

 さらに、「そんで、すごいのが、CIAは就職の試験が長期にわたって行われるんですが、受けたときから誰にも言っちゃいけないんだって。で、受かって働くことになっても、親にも言っちゃいけないんだって。別の仕事をしているという設定を与えられるんだとか」と説明。「唯一、結婚したら…女性の場合は旦那さんに言うんだけど、その旦那さんもCIAに呼ばれて、嘘発見機をかけられたり、試されるんですって。超すごいですよね。つまりは付き合ってるときは言っちゃいけないわけで、ある時突然言われるんですよね」と、自身に置き換えつつ驚がくする。

 まさにミッションインポッシブルな現実を知らされ、「いや、びっくりですよ。REINAさん曰く、日本にもどこかはわからないけどCIAの支部はあって、日本にもスパイはいるのだとか。いや~、どうしよう。いつもはなしてる人がスパイだったりして。でも結婚して、相手の秘密を聞かされて、それを人に絶対言えないって、すごいですよね!!」と、少年のように楽しげにつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2016年9月9日のニュース