マイコ、プロポーズの言葉は「秘密にさせて」 妻夫木とすでに入籍、同居

[ 2016年8月25日 14:26 ]

舞台「ガラスの仮面」公開稽古に参加し、笑顔を見せるマイコ

 今月4日に俳優の妻夫木聡(35)との結婚を発表した女優のマイコ(31)が25日、都内のスタジオで舞台「ガラスの仮面」公開稽古に主演の貫地谷しほり(30)らと参加。マイコは結婚後、初めての公の場で、報道陣の取材に応じた。

 報道陣から結婚を祝福され、「ありがとうございます」と満面の笑みを浮かべたマイコ。共演の一路真輝(51)から「(マイコが)稽古は稽古、プライベートはプライベートで分けている(タイプな)ので、大げさなことはまだ。これからまた改めて」と共演陣からのお祝いを約束されると「楽しみにしています」と笑顔。結婚について一路は「知らなかった!」と驚く中、貫地谷は小さな声で「知ってました」と答え、事前に報告を受けたことを明かした。

 「(同舞台は)2年前にもやったはずなんですけど、新たなが壁があって、正直、頭の中は舞台のことでいっぱい。家の中でもずっとセリフを言ってます」と舞台のことに集中しているというマイコ。妻夫木もそんな彼女はを「舞台に専念するように本当に応援してくれている」という。2年前の初演も見ているようで「みんなで頑張って作品なので凄くほめてました。(今回も)見てもらえたら嬉しい」と話した。

 入籍は「稽古の休みの日」に2人で済ませたといい、プロポーズの言葉について「秘密にさせてください」と照れ笑いをした。すでに同居しており、食事などは「なかなか簡単なことしかできない。とにかく今は目の前の舞台のことだけ」。挙式・披露宴については「まだ全然考えていない」とし、未定だという。

 2人は12年夏のドラマ「東野圭吾ミステリーズ・シャレードがいっぱい」(フジテレビ演出・石井克人)の打ち上げの席で意気投合し、交際に発展。14年夏に交際が発覚し、発覚。結婚も秒読みとみられていたが、ゴールインまでに2年を要した。連載40年を迎えた単行本累計5000万部超の人気少女漫画「ガラスの仮面」の舞台化で、14年の再演。東京公演は9月16~26日まで新橋演舞場で。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年8月25日のニュース