渡哲也 15年ぶり吉永小百合と共演!初共演から50年目の記念の年に

[ 2016年8月25日 08:27 ]

松竹梅の新CMで共演する渡哲也と吉永小百合

  俳優の渡哲也(75)が24日、都内で清酒・松竹梅「天」の新CMの撮影を行い、16年ぶりに女優の吉永小百合(71)と共演した。渡と吉永が初めて共演したのは1966年の映画「愛と死の記録」。前回の共演は00年の松竹梅のCMで、初共演から50年という記念の年にコンビ復活となった。

 渡が仕事場に姿を見せたのは、昨年11月の松竹梅のCM以来9カ月ぶり。昨年6月に発症した急性心筋梗塞、さらに数年来持病として患っている肺気腫など呼吸疾患の影響で、移動では酸素吸入器を持参するなど体調は万全とはいえない。そんな渡にエールを送る意味も込めて、吉永は今回、友情出演による撮影参加となった。

 吉永が「お電話ではお話をしていたのですが、早く回復されるように祈っておりました」と語ると、渡も「私の体調をいろいろとお気遣いいただき、昔からの仲間として吉永さんの友情に感謝しております」と感慨深げな表情だった。

 2人は98年から3年間、松竹梅の7つのCMで共演。それだけに今回も長いブランクを感じさせず、ベテラン俳優の風格あふれる演技を披露した。渡は「相変わらず凜(りん)としたお姿と、美しさには深く敬服しました」と吉永を絶賛。吉永も「昔のCMを見て、とても懐かしく感じています。またご一緒させていただいて、とても楽しかった」と笑顔で語った。

 CMは10月1日から全国でオンエアされる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2016年8月25日のニュース