西内まりや ダメダメ始球式「悔しさを通り越しました」

[ 2016年6月28日 05:49 ]

<ソ・ロ>始球式を行った西内まりやだったが、ツーバンの暴投に悔しそうな表情

パ・リーグ ソフトバンク6―9ロッテ

(6月27日 東京D)
 女優で歌手の西内まりや(22)が、東京ドームで行われたソフトバンク―ロッテ戦の試合前に始球式を務めた。

 福岡市出身で、ヤフオクドームまで「徒歩5分の所に住んでいました」という西内は、ソフトバンクの女性ファンの象徴である「タカガールアンバサダー」に就任。自身が作詞作曲した応援ソング「輝き」も披露し、マウンドに上がった。

 投球はツーバウンドの暴投となってしまい、その場で崩れ落ちた。「悔しさを通り越しました。ダメダメのアンバサダーですが、皆さん、応援しています」と熱いエールを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2016年6月28日のニュース